ダイキンHVACソリューションの


ダイキンHVACソリューションのパートナー企業で働くということ

地球環境
製品での環境配慮で地球環境に貢献
ダイキングループは、製品の省エネルギー性やリサイクル性の向上、環境負荷のより小さい冷媒への代替化、などを重視して環境負荷の低い製品開発に努めています。また、化学物質の人体への影響や環境負荷を低減させるべく努めています。
環境配慮設計
製品の省エネルギー性やリサイクル性などを向上させるために、企画・設計段階で製品アセスメントを導入。製品のライフサイクルごとに環境影響を定量的に評価し、前モデルより環境負荷が低減された製品の開発に取り組んでいます。
冷媒の環境負荷低減
オゾン層を破壊せず、温暖化係数の低い冷媒の開発を進めています。
「冷媒の多様化」を基本に、適材適所で最適な冷媒が選択できるよう、自然冷媒から比較的温暖化係数の低いHFCまでを対象に実用化の研究を進めています。
インバータ機の普及促進
ダイキングループは、省エネ性の高いインバータエアコンを世界に広く普及させることで、エアコン使用時の電力消費によるCO2排出量の削減をめざしています。
ヒートポンプ式暖房・給湯機の普及促進
ダイキングループでは、省エネ性の高いヒートポンプ技術を用いた給湯器や暖房機の開発に取り組んでいます。ヒートポンプとは、空気中の熱をくみ上げて移動させて冷却や加熱を行う技術で、エアコンにも利用されています。化石燃料を直接燃やす給湯や暖房に比べ、CO2の排出を2分の1以下に削減できます。
省エネソリューション、その他省エネ商品
ルームエアコンで、大型業務用エアコンで、フッ素化学製品で、油圧機器で――。
ダイキンはあらゆる商品ジャンルでお客様の省エネ活動に役立つ環境配慮型製品を開発し、これらの複合提案によって、お客様先での排出CO2を総合的に削減するご提案をしています。
3R&リペア
ダイキングループは、リデュース(省資源化)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)の3Rにリペア(修理)を加えた「3R&リペア」を指針として、資源を有効活用しています。
製品開発においては、製品の小型化・軽量化、分別や再資源化が容易な素材・構造の開発などに取り組んでいます。
最後に・・・
ダイキンHVACソリューションのパートナー企業で働くということは、ご説明させて頂いたような環境に配慮したダイキングループの製品を取り扱い頂き、ともに地球環境を良くすることに貢献頂きながら、お仕事をして頂くことになります。